買取ってもらえるのはどんな古銭?

ある程度の状態が維持されているもの

古銭は大掃除の時など思いがけぬタイミングで見つかることがあります。古銭なのでその見た目は汚く、持っていても仕方がないとのことで捨ててしまう方も多いです。
しかし、捨てるぐらいであれば売ったほうが確実に良いです。もし主観で売れないだろうと勝手に判断したとしても、それを欲しがるコレクターが存在するかもしれません。実際、古銭は古いのが当たり前なので多少状態が悪くても売ることが可能です。ボロボロで穴が空いていたり、古銭だと全く分からない姿でなければ問題ありません。見た目が非常に古くても、それはそれで良い味が出ている可能性があり、思わぬ高値で取引されるかもしれません。具体的な価値は査定しないと分からないので、まずは相談したいです。

貴重であれば更に良い

目の前に出てきた古銭は、可能であれば一円でも高く売りたいものです。その為に買い取ってもらう場所を吟味するなどの努力は必要ですが、基本的にはその古銭の価値によりけりです。あまり世の中に出回っていない非常に貴重な古銭かつ状態が良いとなればかなりの高値になります。反対に多く出回っている古銭で、尚且つ状態があまり良くないと高値にはなりません。
大抵、乱雑に放置されていた古銭は価値が低いものがほとんどで、その中から高値での取引に繋がるケースはほぼありません。乱雑に放置されることで湿気の影響をダイレクトに受けて傷んでしまうので、価値が下がってしまうのです。貴重な入れ物に入って先祖代々守り抜いているような古銭は期待できます。